Mother Handの想い

おいしく食べ思いっ切り笑い心身ともに健康でいられる

 それは誰もが願う当たり前のことだと思います

 

数年前、家族の一人が当たり前の生活ができなくなったとき

 私にはできる事が何もないという

現実を突きつけられ

背中にそっと手をあてる事しか

できませんでした。

 

相手を想うこと

気遣うこと

明るい未来

そして自分の信念

 

長い月日が経っても

それらを持ち続けることによって

家族は立ち上がり笑顔で私に

「ありがとう」を言ってくれました

 

家族が教えてくれた

「ありがとう」の意味をいつも感じながら

これから出会っていく皆様の

笑顔づくりのサポートを

させていただきたい。

そう、心から願っています。

 

 

 

MotherHand オーナー

平 恭子